しばけんブログ

自分と自分の大切な人たちの人生を豊かにしたい。

コスパが悪い方を購入する、僕の節約術を紹介します。

こんにちは、コスパ大好き男、しばけん(@tomato6743) です。

 

今日は僕が最近している少し変わった節約術を紹介します!それはコスパが悪い方を選ぶというもの。ん?コスパはいい方が決まってんだろっ!

そう僕も思ってました。

 

例えば絵でも描きたいなと思いノートを買いに行くとしましょう。すると店には1冊100円のもの、5冊セット400円のものがありました。ここで僕はセットを選ぶ人間でした。脳内で1冊あたりの値段が安いと計算しているからです。

 

その結果、どうなるか。1冊のノートを使う間、残り4冊のノートは家で眠ることになります。僕は満足げに絵を描くことが出来るように。でも絵を描く以外にも誘惑はいっぱいあって本も読みたければ、YouTubeだって見たい。絵にだんだんと飽きてきて使用中のノートを放置するようになります。

 

数か月後、また僕に絵を描きたい欲が沸いてきました。そういや使いかけのノートがああったなとノートを見てみるとすでにメモ帳代わりに、、、。しかたない、買いにいくか、となるわけです。それでお得な5冊セットのノートを買ってきて引き出しに奥に眠る以前買った4冊に気づく。あー前買ったのあったわ。僕はたいして反省もしないので20年以上このループから抜け出せずにいました。

 

この前引っ越した家からは、お徳用の残り品がたくさん発掘されています。例えば電球とか、大量の割りばし、ポケットティッシュ、調味料の数々、去年の鍋ポーション(汚い)。

 

これは食べ物でも同じこと。単品アイスより、箱アイスの方がコスパが良いぞ!1週間かけて食べよう、そう思っていても結局2日で食べてしまうなんてことが多々あります。

 

最近会計入門の本を読んだのですが、会計の世界において在庫は悪なのだそう。一部内容を紹介すると、

「在庫」は少なければ少ないほどよい→在庫コストがかかるから。

家庭における在庫の考え方

・「いつか使うかも」系のモノはだいたい無駄になる

・使わないものはさっさと捨てる、「捨て魔」に徹する

・単価が高いものを買ったほうが得することもある

・「必要なものを必要な時に必要な分だけ」がいちばんお得

山田先生、僕間違ってましたーーー!

 

まあでもお得の方買っちゃう気もする。