家族、弟、僕

実家を出た僕が、障害をもつ弟と家族のサポートを目指します!

背が低いことを無理やり肯定してみる

受け入れがたい現実

僕は低身長なのがコンプレックスなんですよ。162cmです、ええ。

両親とも小さいからなのか。

中学時代に駅伝部で体に鞭打ってたからか。

それとも、毎日夜な夜なパソコンに向かってたからかな。

高校生になって背が伸びると噂のマシュマロを食べたり、亜鉛を飲んだりと足掻いたけどすべて効きませんでした。いまは科学の進歩を切に願うばかりです。

 

やっぱり背が高いほうが女性にモテるし、スポーツも有利なのは確かです。

シークレットブーツなんて便利なものもありますが、靴を脱いだときにバレるのが痛いですし、そもそもプライド的に履きたくない。

だから、自分を受け入れるために無理やり低身長のメリットを探すことにしました。

この際デメリットは考えません。考えたら終わりです。

 

低身長は人と打ち解けやすい

高身長の彼らにはビジュアルと引き換えに、威圧感が備わっているといっていいでしょう。向かい合っただけで、怖いな、接しづらいなといった印象を与えているのです。上から目線なんて言葉があるように、人は見降ろされるとあまりいい気分はしません。その点、低身長の僕は見降ろされるオンリーで相手の抵抗はゼロです。話しかけやすい印象を与えているようです。見下されてるとも言えますが、前向きに捉えましょう。町でそれほど仲良くもない友人が声をかけてくれるのは低身長のおかげなのです、ありがとう低身長。

 

あれ、もう思いつかない

頑張ってひとつひねり出したど、もう出ないですねメリット。

思いついたら追記しようと思います。

デメリットを書こうと思ったらキリがないんですけどね。

 

これからどう生きていくか

いままでも低身長で生きてきたし、これからも低身長で生きていくのでしょう。

コンプレックスとしては消えることはないのでしょうが、克服するためにいくつか方法はあると思います。

・体を鍛える

・仕事や環境を通じて偉くなる

・低身長を受け入れてくれる女性を見つける

こんなもんですかね。

筋肉がついた自分ならば、上から見下ろされても気圧されることは無くなるのではないでしょうか。また、仕事で偉くなれば自分を認めてくれる人も増え、背の上下関係なんて気にしなくなるかもしれないですね。そして、女性が低身長であることを受け入れてくれて、それ以外の部分を評価してくれることも効果的だと思います。

「身長を伸ばす 手術」なんてググったこともありますが、脚をぶった切ってギプスをつける方法がでるくらい、化学の力はまだ及ばないみたいです。いつか自分の子供を育てる機会がきたら、全力で背が伸びる方法を試そうと思います。僕の子供の時点で、遺伝には頼れませんしね。かわいそうだけど。

 

やっぱ低身長はつらいなー。

 

お医者さんが教える わが子の背を伸ばす本

お医者さんが教える わが子の背を伸ばす本